鳥取県鳥取市|一般社団法人鳥取県介護福祉士会の公式ホームページへようこそ!

qrcode.png
http://tottori-kf.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 
一般社団法人
鳥取県介護福祉士会
〒689-0201
鳥取県鳥取市伏野1729-5
鳥取県立福祉人材研修センター内
TEL:0857-59-6336
FAX:0857-59-6341

────────────────
◆介護福祉士の職業倫理と
   資質の向上
1.県研修会
2.初任者研修会
3.ファーストステップ研修
4.緊急時対応(上級編)
5.介護福祉士国家試験模擬試験
(筆記・実技)
────────────────
 

活動報告

 
フォーム
 
研究発表大会
2016-11-21
11/19 研究発表大会が行われました。
午前中の基調講演の講師は、ファーストステップ研修の講師もしていただいている日本福祉大学の綿祐二氏。テーマは「職業倫理を学び・考える~介護福祉士に必要な専門性とは~」
綿講師が現場にいるからこそ、うなづける話、笑える話、考えさせられる話、泣いてしまう話。会場は笑いが起こったり、静寂に包まれたりと綿講師のペースで2時間があっという間。何度先生の講義を聞いてもまた聞きたいと思える綿講師の講演は本当に勉強になります。
午後は10題の研究発表が行われました。介護職のみなさんが日頃取り組まれている研究を発表され、他施設の取り組みを聞くいい機会になりました。1題ごとに綿講師が助言していただいたのですが、それがまたおもしろい!可動域や多動の止め方、等午前中の講演とは違う学びがありました。
忙しい中、原稿を作り発表の練習をしてくれた発表者のみなさんも本当にお疲れ様でした。たくさんの人の前で話すのは緊張したと思います。でも、堂々と発表しておられる姿はステキでした。これからも、自身やチームで取り組んでいることを継続し、専門職として、介護福祉士として輝いていて欲しいと願っています。
 
介護の日イベント
2016-11-11
11/11鳥取駅・倉吉駅・米子駅で介護の日のイベントとしてチラシやカイロの配布を行いました。
今年度より鳥取県・老施協・介護労働安定センターと合同で行うことになり、さらに鳥取駅は3体もゆるキャラがいて賑わいました。
「介護」について少しでも身近に感じてもらえて、こんな先輩なら楽しそう!介護の仕事楽しそうって感じてくれるよう、朝早くから青年部のメンバーが大きな声で挨拶し活動を行いました。
 
※その他の写真はブログに載せています。
 
ファーストステップ研修⑫
2016-10-09
10/8 ファーストステップ研修12日目が行われました。
科目は「認知症の理解」
講師は長崎県認知症介護指導者、有限会社あんのん代表の白仁田敏史氏です。
講義で介護の歴史を学び、グループワークを交えた演習を行いました。途中、アイマスクウォークが行われ、目が見えない恐怖や信頼できる声掛けや態度を体験することで、接し方への重要性を感じました。
長崎から7時間かけて鳥取まで来てくれた白仁田先生はとてもきさくでわかりやすい講義をしてくれました。冬にも認知症を語る会(仮)でまた来ていただける予定です。みなさん、白仁田先生と一緒に認知症について語りましょう!
受講生のみなさん、あと少しです!課題もラストスパート!頑張りましょう!!
 
中国・四国ブロック研修会
2016-10-03
10/1.2 中国・四国ブロック研修会に参加しました!
 会長挨拶、来賓挨拶があり、厚生労働省の「介護福祉士の地位向上と待遇改善について」の基調講演、パネルディスカッションでは「今、求められる介護福祉士とは」と題し、様々な医療福祉分野のパネリストから介護福祉士に求められることを、会場からの質問に答えながら討議が行われました。
「介護福祉士はおとなしすぎる、もっと思いを声に出して」
「介護福祉士としての家族へのフォローは、経験を生かしたアドバイスをして欲しい」
「地域に住み続けられるよう、支援することに介護福祉士は不可欠。多職種で連携しながら、地域福祉を創っていきましょう」等パネリストから意見がありました。青年部UP!の尾古副部長も鳥取の現状を話し、PRしてくれました。尾古さんの話を聞き、学生や大先輩からも意見や応援のコメントをもらいました。
 懇親会では徳島のおいしい料理、各県のお土産抽選会、本場の阿波踊りを楽しみました!懇親会の後、各県の青年部で二次会が行われて、活動内容や各県の情報交換を行い、研修とは違った学びを得ることができました。
 二日目は分科会発表。鳥取からは鳥取県福祉研究学会で最優秀賞を受賞したはまゆうの竹内幸治さんに発表してもらいました。その他、チーム山陰としても熊本震災のボランティア報告も行いました。
 特別講演の「落語で語る福祉の心」では、「楽しそうにしてるのを見るだけで楽しくなるもの」「言葉は気づかないうちに人を傷つけてしまうことがあるが、反対に気づかないうちに元気づけていることもある」と福祉職として大事なことを笑いながら聞かせていただきました。
 「今こそ取り組もう!魅力ある介護の職場づくり!」がテーマの今回の研修会では、青年部UP!のメンバーがすごく頑張って盛り上げてくれていました。若い介護福祉士が動きやすい活動ができるよう、会長・役員を含めて事務局の私も協力していきます!青年部が活躍することで、介護福祉士の評価を上げ、魅力ある仕事・職場へとつながっていくことを期待しています。
 
※その他、たーくさん写真をブログに載せています。
 
 
ファーストステップ研修⑩
2016-09-20
9/17 ファーストステップ研修の第10日目が行われました。
科目は「問題解決のための思考法」講師は石川裕子氏です。
介護職場での課題はたくさんあると思います。その問題・課題に対しただ単に文句を言うのではなく、問題意識や様々な視点を持って解決していくことが大事だと石川講師。
グループワークでは、お互いの事業所の課題を解決に向けて話し合いました。
この科目から第Ⅲ領域に入りました。少なくなってきた残りの講義も楽しく有意義に受講してもらえたらと思います。
 
 

介護福祉士会 <川柳>

介護福祉士会 <川柳>
   
 

25年初任者研修会開催しました。

25年初任者研修会開催しました。
 
研修会の様子
 
研修会の様子
<<一般社団法人 鳥取県介護福祉士会>> 〒689-0201 鳥取県鳥取市伏野1729-5 鳥取県立福祉人材研修センター内 TEL:0857-59-6336 FAX:0857-59-6341