鳥取県鳥取市|一般社団法人鳥取県介護福祉士会の公式ホームページへようこそ!

qrcode.png
http://tottori-kf.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 
一般社団法人
鳥取県介護福祉士会
受付時間
    9時~15時
〒689-0737
鳥取県東伯郡湯梨浜町長江310番地46
生活支援センターデイジー内
TEL:0858-48-6701
FAX:0858-48-6702
mail:tori-kaigo@tottori-kf.jp
────────────────
◆介護福祉士の職業倫理と
   資質の向上
1.県研修会
2.基本研修
3.ファーストステップ研修
4.実習指導者研修
5.介護福祉士国家試験模擬試験
(筆記)
6.技能実習指導者講習会
────────────────
 

介護のイメージ変革プロジェクト

 

「介護エピソード」作品募集

「介護エピソード」作品募集
 
 広く県民の皆様の「介護の仕事」に対する理解と認識を深めるとともに、高齢化社会を支える介護従事者のモチベーション向上へつなげることを目的に「介護エピソード(絵日記・写真・作文・感謝の手紙)」募集します。
 各部門の最優秀作品受賞者には、表彰状と副賞として1万円分のギフトカードを進呈します。
 作品応募要項をご確認のうえ、ご応募ください。
 
応募内容
【絵日記】介護サービス利用者さんと介護職員を描いたほほえましい情景の絵日記
 対 象→鳥取県にお住まいの一般の皆さま
【写 真】介護サービス利用者さんと介護職員が写るほほえましい情景の写真(被写体本人と家族の
      承諾を得ていること)
 対 象→鳥取県にお住まいの一般の皆さま
【エピソード(作文)】「介護職員が仕事にやりがいを見つけた出来事」や「利用者さんとの心温ま
           るエピソード」等の作文
 対 象→鳥取県内の介護施設などで従事する介護職員、介護を学ぶ生徒・学生
【感謝の手紙】介護サービス利用者(及び家族)が、日ごろお世話になっている介護職員へ向けた感
       謝の手紙(川柳形式でも可)
 対 象→鳥取県内の介護サービス利用者とその家族の方
 
応募形態
 「絵日記」「写真」をご応募の場合は添付作品応募要項に作品のタイトル、お名前、住など必要事項を明記のうえ、作品とともに下記の応募先までメールまたは郵送してください。
 「エピソード(作文)」、「感謝の手紙(川柳)」にご応募の場合は、作品応募要項の原稿用紙に作品を書き、ご応募ください。(手書き・印字は問いません。※最大文字数は225字まで)
 
審査方法
 10月下旬に審査会を開催し、優秀作品を選定します。選考の結果は受賞者のみ、ご連絡します。
 
賞及び表彰
 本ホームページにて発表します。
 各部門共通 最優秀作品/1点 賞状と副賞10,000円分のギフトカード
        優秀作品/2点 賞状と副賞 3,000円分のギフトカード
 
応募締切
 2021年10月15日(金)必着
 
応募先及びお問合せ
 eメール▶kaigo@mmtv.jp
   F A X▶0857-39-2625
  郵 送▶〒680-0912鳥取県鳥取市商栄町251-4
         介護のイメージ変革プロジェクト運営事務局(株式会社エムアンドエムドットコー内)
   
( 135KB )
「介護エピソード」作品募集要項
 

令和2年度介護のイメージ変革ポスター

令和2年度介護のイメージ変革ポスター
 
   
( 2020-11-30 ・ 4979KB )
   
「ありがとう」の想いが届きました
 
介護サービス利用者様から、日ごろお世話になっている介護職員への「感謝の手紙」。介護職員や介護を学ぶ学生が仕事にやりがいを見つけた出来事や、心温まるエピソード。そして介護の場面のほほえましい情景の写真を募集したところ、心あたたまる多くの作品の応募をいただきました。
各部門の最優秀作品・優秀作品を紹介します。
 

介護エピソード作品「写真部門」

介護エピソード作品「写真部門」
 
最優秀作品「あんたといれば、安心するで」
鳥取県東部 特別養護老人ホーム 職員T様
   
優秀作品「わたしゃ元気で百まで」
鳥取県東部 特別養護老人ホーム 職員T様
 
優秀作品 お花見
鳥取県西部 訪問介護サービス ヘルパーE様
 

介護エピソード「エピソード(作文)部門」

介護エピソード「エピソード(作文)部門」
 

◎最優秀賞 介護福祉士養成校 学生N様 「忙しくても」

 

「じゃんけんぽん!」主幹が廊下にいる利用者に、すれ違いざま勝負を挑む。障がい者施設での5日間の実習期間、よく見た光景だ。主幹なりのコミュニケーションなのだろう。よく働き、そして気がつく。忙しい中、実習生の私に対しても「休憩とってね」「聞きたいことは?」など声かけしてくれた。じゃんけんのあと、利用者さんは勝っても負けてもなんだかうれしそう。私の目指す背中は、足早に廊下の角を曲がっていった。追いかけなくては。

 

=======================

◎優秀賞 介護福祉士養成校 学生T様 「言葉の力」

 

私は介護実習で九十八歳男性Aさんと話をした。見た目も若々しくお元気で、体で悪い所は耳だけだと言われた。Aさんは私に戦争に行った時の話をした。鉄砲で股関節辺りを撃ち抜かれたと一生懸命に話された。つらい話のはずなのに何故か楽しそうだった。「今時戦争の話ができるのは、わしぐらいだろう」と力強く言われた。私は「大変なご経験をされましたね」と伝えると同時に、Aさんの生き生きした感じが羨ましく思った。実習で元気を届けるはずが、逆に元気を頂くことになった。

 

=======================

◎優秀賞 介護老人保健施設 職員T様 「お茶目なお婆さま」

 

「おはようございます。」と挨拶すると、さっと手を握り「今日は何時まで?」と微笑み首をかしげる。「3時半までです。」と答えると、「あら、そんなに早いの?もっと居なさいよ。」休日の次の日は、「あら、ひさしぶりね。」「昨日は休みだったから。」と返すと、「嘘言いなさい、何日も顔見なかったわ。彼女とデートだったの?」と寂しげな表情。「明日は夜勤だから朝まで居ますよ。」と言うと、ニヤっと笑い「待っちょ〜よ。」と言うのは、とうに100歳を超えたお婆さま。

 

=======================

 

介護エピソード「感謝の手紙部門」

介護エピソード「感謝の手紙部門」
 

◎最優秀賞 グループホームご利用O様 「感謝の手紙」

 

私は介護施設に数年前からお世話になっています。

体が弱くてあちこち故障が有り医師の手が放せません。ここへお世話になってからも医者通いは続いて居ます。お陰様で寝込んでも入院する程にはならなくなりました。でも、喜んで毎日を過ごさせて頂いて居ます。有難い事だと感謝の日々を送らせて頂いて居ります。厚くお礼申し上げます。年老いてから一人暮しは無理と係り付けの医者からも云われて施設のお世話になって数年が経ちました。お陰様でそこそこ元気で生きて居ます。

 

=======================

◎優秀賞 介護老人福祉施設ご利用N様 「私たちは頑張りをみています」

 

「ハイッ」と言い すぐ対応する 好青年

 

みてないようで ちゃんと見ている介護士の 素早い対応さすがと思う

 

コロナ禍で グリム童話のビデオを観て 幼心に しばしひたりぬ

 

スタッフに今日も見守られ 秋の夕日のバスに乗り込む

 

=======================

◎優秀賞 介護老人福祉施設ご利用K様 「魔法の館」

 

元気な私、海外旅行、日本舞踊と楽しんでおりましたが、脳梗塞、肩骨折り5ヶ月入院生活をお送り本当に苦しみました。介護施設に通所進められましたが、興味はありませんでした。次第に通っているうちに、川柳作りました。「ここは人々を幸せにする魔法の館かな」職員のやさしさ、それぞれの障がいの方に優しく接して下さっております。日々の活動も皆笑顔ですごせます。体もきたえて頂き、頭の体操・脳トレ・美術系などもりだくさんです。職員の方、ありがとうございます。私又元気なるヨ。

 

=======================

<<一般社団法人 鳥取県介護福祉士会>> 〒689-0737 鳥取県東伯郡湯梨浜町長江310番地46 生活支援センターデイジー内 TEL:0858-48-6701 FAX:0858-48-6702